かつてのインカ帝国の首都クスコの観光と近郊遺跡めぐり

クスコ市内観光と近郊遺跡、サクサイワマン【英語ツアー】

イメージ写真
 

出発都市:

クスコ

参考代金(税込):

大人US $76より    子供US $55より
出発日:

毎日: 2019年4月~2020年3月

時間/日数:

3.5時間 (13:30-17:00)

言語:

英語

ツアーコード:

2791                     R
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
※情報内容は2019年04月01日~2020年03月31日までの適用となります。


  • クスコ近郊の遺跡でも圧倒的な大きさのサクサイワマンをはじめ、ケンコーやタンボマチャイ、プカプカラなどの見所を巡ります。
  • 周辺遺跡観光の後は、クスコ市街の観光へ。太陽の神殿と呼ばれるコリカンチャ(サントドミンゴ教会)や、街の中心アルマス広場では、クスコで一番古いカテドラルをご覧いただきます。

クスコ

インカ帝国の首都として繁栄した都市クスコは、インカ帝国を作ったケチュア人たちの言葉で「へそ」を表し、当時首都として機能していたことから、ペルー国内でも最も重要なそして有名な観光地だといえる。13世紀ごろから16世紀にかけて、インカ帝国の首都とし繁栄し、現在でもその面影が数々の遺跡として残っている。

 かつてのインカ帝国の首都「クスコ」 インカ文明の遺物とスパニッシュコロニアル建築が混在する世界遺産都市
サクサイワマン(クスコ近郊遺跡)

クスコの北西2キロメートルにあるクスコの街並みを見渡せる高台にあるインカ帝国時代の要塞跡。この建造物は宗教的な意味合いがあったとされ、ハナン・コスコという、太陽、月、星、光線などを崇拝したといわれる寺院があったといわれている。毎年6月24日には南米の3大祭りのひとつである、「インティ・ライミ」(太陽の祭り)が開催される場所としても有名。

 かつてのインカ帝国の首都クスコ周辺「聖なる谷」の遺跡 ~サクサイワマン、ケンコー、タンボマチャイ、モライ、ピサック~

13:30PM

クスコ市内 指定ホテル集合、出発

クスコ近郊の遺跡観光とクスコ市内観光(混載英語ガイド)

【近郊遺跡群の観光】
360mもの長さのジグザグの城壁が圧巻のサクサイワマン遺跡、岩を削って造られたインカ帝国
の祭儀場といわれるケンコー、今でも水が湧き出ている昔の沐浴場タンボマチャイ、
そして、赤い要塞と言われるプカプカラなどを見学します。

【クスコ市内観光】
コリカンチャ(サントドミンゴ教会)やアルマス広場、カセドラルを見学します。

17:00PM

クスコ市内 指定ホテル解散

代金適用日 大人 子供 幼児 1人部屋
追加代金
3人目割引
ツアー基本料金 04/01/2019~12/31/2019 $76.00 $55.00 無料 - -

※3人目割引:大人3名で1部屋ご利用の際、3人目に適用されます。

※代金適用年齢(ご出発時の年齢が適用されます):大人=12才以上/子供=2~11才/幼児=0~1才
*料金にチップは含まれておりません。

車両料金、英語ガイド料金、カセドラル入館料、コリカンチャ入場料、税金 (*サクサイワマン遺跡の入場料は含まれません。)

お食事

朝食 0

昼食 0

夜食 0

ツアー日の前日より起算してさかのぼってお一人様につき:22日前の17時以前は無料、15日前の17時までは20%、8日前の17時までは50%、それ以後は100の変更・取消料金がかかります。(標準:米国東部標準時間)

最小催行人数: 大人1名様

催行会社:Grayline Peru

*ご予約時にクスコ市内ご滞在ホテルをお知らせください。送迎可否を確認いたします。送迎不可の場合は最寄りの指定ホテルまで各自お越し頂くこととなりますのでご了承ください。
*渡航先(国・または地域)によって外務省より危険情報などの安全関係の海外渡航関連情報が出されている場合がありますので渡航情報をご確認の上、お申し込みください。
*海外渡航関係情報は、外務省安全センターなどでもご確認いただけます。URL: HTTP://WWW.ANZEN.MOFA.GO.JP/
*日本国パスポート保持者は、3ヶ月の滞在まではビザは不要ですが、入国時6ヶ月と滞在日数以上の残存期間が必要です。
*観光ビザで米国を経由される方は、ESTA番号を必ずご持参ください。
*ガイドへのチップは含まれておりません。各自直接お支払いください。(チップの目安:1人$5)
*デモや宗教行事など諸々の事情により、スケジュールは変更となることがありますのでご了承ください。
*宗教施設へは肌を露出した服装はお控えください。
*多くの宗教施設では、館内の写真撮影は禁止となります。詳しくはガイドにお尋ねください。
*サクサイワマン遺跡への入場料は代金に含まれません。現地で各自お支払いください。