ベテランガイドがご案内!ニューヨークの見所を効率良く観光◎ 自由の女神も観れる遊覧船に乗船します!

ニューヨーク1日市内観光 ~自由の女神クルーズ付き(日本語ガイド)~

※動画のイメージはツアー訪問箇所と異なる場合があります。訪問箇所は日程表でご確認下さい。


イメージ写真
 

出発都市:

ニューヨーク

参考代金(税込):

大人US $79より    子供US $69より
出発日:

毎日催行: (11/22,12/25を除く)

時間/日数:

7時間15分 (8:00-15:15)

言語:

日本語

ツアーコード:

1000                    
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6
  • 写真7
  • 写真8
  • 写真9
※情報内容は2018年04月01日~2019年03月31日までの適用となります。


  • ニューヨークの初日はコレで決まり!マンハッタンの見所がたっぷり詰まったニューヨークオプショナルツアーの定番◎市内1日観光。
  • メトロポリタン美術館、ワシントンスクエアの他、話題のミートパッキングエリアのハイラインパークやチェルシーマーケットにて下車観光します!
  • アッパーウエストサイド、アッパーイーストサイド、定番観光スポットのタイムズスクエア、5番街、メトロポリタン美術館、エンパイアステートビル、ソーホーもばっちり車窓観光します。
  • おすすめ!の周遊フェリーは写真撮影ポイント満載◎間近で見る自由の女神、ブルックリン橋、ワールドトレードセンタービルやエンパイアステートビルをゆったりと船上から満喫頂けます。

メトロポリタン美術館

世界3大美術館の1つ言われるのが、ニューヨークのメトロポリタン美術館だ。エジプト政府から寄贈されたナセル湖に沈む運命にあったデンドール神殿が必見のエジプト館、モネ、ルノアール、ゴーギャンの代表的作品があるヨーロッパ絵画部門、ギリシャ、ローマ、アメリカ美術、アジア美術そして日本館も見所が多いので余裕があれば1日じっくりと鑑賞したいところ。

 
フリックコレクション

鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの共同経営者のヘンリー・クレイ・フリックの有り余る私財で収集した美術品を彼の私邸に、部屋の雰囲気に合わせて彼が飾ったそのままの順で展示されている。 美術品のみならずその配列、展示の仕方そして建物全体のしっとりとした空間をも楽しむことができるまさに奥座敷的な美術館。ここでしか鑑賞する事ができない門外不出のフェルメールの作品が3点ある。写真撮影は禁止されているが、それだけに真剣に作品を見入る鑑賞者が多い。

 NY5番街のミュージアム・マイル「フリック・コレクション」「グッゲンハイム」etc..
エンパイアー・ステート・ビル

映画「キングコング」にも登場したエンパイアー・ステイト・ビルは、高さ443メートル、102階建て、低層部や最頂部にアールデコ様式を採用した、世界一有名なオフィスビル。わずか11ヶ月の工期を経て1931年に完成すると、前年に完成したばかりのクライスラービルを抜いて世界一の高層ビルの座に輝き、1972年にワールドトレードセンターが完成するまで、40年間世界一の高さを誇った。ビルの86階と102階には展望台があり、1億1000万人を超える来場者が訪れる。

 エンパイア・ステート・ビルは冬の透きとおる夜が一番!ニューヨーク観光の極めつけ
自由の女神

ニューヨーク港リバティー島に立ち、世界中からニューヨークを目指してやって来る移民を迎え続けてきた自由の女神は、アメリカ合衆国独立100周年を記念して、友情と自由と民主主義の象徴としてフランスから贈られた。右手にトーチを高々と掲げ、左手には独立記念日である「1776年7月4日」と刻印された銘板を持つ。1984年にユネスコの世界遺産に登録されている。

 ニューヨーク 自由の女神 125周年
セントラル・パーク

摩天楼のマンハッタンのオアシスと言えばセントラル・パーク。アメリカで初めて景観を考慮して設計された人工的な公園だ。東西0.8km、南北4kmに広がる公園内には、自然保護区、アイススケートリンク、動物園、湖、遊歩道、広大な芝生などが点在し、散歩、ジョギング、サイクリング、日光浴、ピクニックなどを楽しむ人達でにぎわう。

 初夏の緑が眩しいまさに都会のオアシス「セントラルパーク」
リンカーン・センター

世界三大オペラハウスのひとつであるメトロポリタン・オペラハウス、ニューヨーク・フィルハーモニックの本拠地エイヴァリー・フィッシャー・ホール、ニューヨーク・シティー・バレエで知られるD・H・コーク劇場のほか、野外劇場、アート専門のニューヨーク市立図書館、ジュリアード音楽院など芸術関連施設が集積したリンカーン・センター。敷地中央には観光スポットともなっている大きな噴水がある。この一角が「リンカーン・スクエア」と呼ばれていたことから、この名がついたといわれる。

 リンカーンセンター「エイブリー・フィッシャー・ホール」と「メトロポリタン・オペラハウス」
ロックフェラー・センター

クリスマスが近づくと、世界中から観光客が訪れるロックフェラー・センター。超高層ビルを含む19の商業ビルからなるこの商業複合施設には、大手企業のほか、NBCの本社スタジオ、ラジオシティー・ミュージック・ホールなども入っている。中央に位置する万国旗に囲まれた半地下のプラザは、夏はカフェテラス、冬はアイススケートリンクとして使用される。日本がバブル経済に沸いていた1989年には、三菱地所が買収したことでも知られる。

 ニューヨーク・ロックフェラーセンター 巨大クリスマスツリー点灯式
セントパトリック大聖堂

全米最大のカトリック教会。大理石をふんだんに使用したゴシック様式の教会で、1858年に建設が始まったものの、何度か建設を中断しながら、尖塔部分がようやく完成したのは1888年のこと。1908年にチャペルが完成したときは、着工から半世紀もの歳月が経っていた。美しいステンドグラスや7000本ものパイプを備えたパイプオルガンが、訪れる人を敬虔な気持ちにさせる。「ゴッドファザー」「スパイダーマン」など、映画のロケ地としても数多く登場している。

 1922年、NYセントパトリック教会に響いた君が代は誰のため? 日本人化学者と南部令嬢との国際結婚
ワシントン・スクエア・パーク、NYU

アメリカ初代大統領の名前にちなんで名付けられたワシントン・スクエアー・パークは、グリニッジ・ビレッジの住宅街に囲まれた緑ゆたかな公園。南側は私立総合大学であるニューヨーク大学(NYU)と隣接し、北側にある凱旋門からは5番街が北へとのびる。かつてはドラッグの取引に使われ、治安の悪い場所の代名詞だったが、今ではすっかりさま変わり。噴水のある広場は、近所の住人やNYUの学生、観光客の憩いの場となっている。

 ニューヨーカーの憩いの場所ワシントン・スクエア
ハイラインパーク

ニューヨークの最新の観光スポットのひとつが、地上9メートルの高さを南北に延びるハイラインパーク。ここは、使われなくなって長い間放置された高架貨物線が取り壊される前に公園として再利用したもの。ベンチや植物、彫刻、噴水などがそこここに配置され、東にマンハッタン、西にハドソン川、さらにその向こうにニュージャージーが眺められる。

 ニューヨーカーの新しい生活空間を創造した「ハイライン・パーク」 このエリアが今熱い!!
ブルックリン・ブリッジ

ブルックリン・ブルッジは高さ83メートル、全長1824メートル。1883年に完成した、アメリカで最も古い吊り橋で、鋼鉄のワイヤーを使った吊り橋としては世界初。ゴシック風のデザインとワイヤーが美しいこの橋は2層式になっており、下は車道で、上を人や自転車が通れるようになっている。橋の上からのマンハッタンの高層ビル群の眺めは圧巻。

 レトロなブルックリン・ブリッジと眩いばかりのマンハッタンの美しい夜景が楽しめる「リバー・カフェ」 
グラウンド・ゼロ

2001年9月11日以降、同時多発テロで倒壊したワールドトレードセンターがあった場所は、グラウンド・ゼロと呼ばれるようになった。現在この場所はメモリアルパークとなっている。ツインタワーが建っていた跡にそれぞれ人工の滝を配したプールがあり、さらにそのまわりを400本の木が囲む。グラウンド・ゼロの南側の911メモリアルミュージアムでは、この大惨事を物語る写真やビデオ、犠牲となった人達のパーソナルなストーリーなどが展示されている。

 ニューヨーク ワールドトレードセンター 再建計画
チェルシーマーケット

もともとビスケット・メーカーの工場だった建物が大規模のリノベーションを経て、生まれ変わった完全室内型マーケット"チェルシーマーケット"。コンコースには30店舗ほど、お肉、ワイン、チーズ、パン、お花など、いろんな人気店が集まっております。続々にオープンするマーケット型フードコートの元祖といえる”チェルシーマーケット"では、お土産に最適なブラウニーやクッキーも揃います。

 「ニューヨークに来るグルメ達」が必ず行く チェルシーマーケット

《集合》8:00

ニューヨークヒルトンミッドタウン ホテル内、1階ロビー奥のエスカレーター横・カウンター前
■住所:1335 AVENUE OF THE AMERICAS (6番街 53丁目と54丁目の間)


午前

まずは、タイムワーナービルの建つコロンバスサークル周辺を通り、リンカーンセンター

歴史と高級感が漂う美しい街、アッパーウエストサイドを車窓観光後、セントラルパーク内を横切り、

★下車ポイント★メトロポリタン美術館
*正面入り口の広場にて下車となります。(メトロポリタン美術館には入場しません。)


セントラルパーク沿いの高級有名ブランド店が並ぶ5番街を南下し、フリックコレクションプラザホテル
などを車窓よりご覧頂きながら、タイムズスクエアへ。


ここからはニューヨークのハイライト観光。


華やかなタイムズスクエア、人気ミュージカルが並ぶブロードウェイ劇場街を車窓観光。

その後、ニューヨーク市立図書館エンパイア・ステート・ビルディングフラットアイアンビルを車窓観光し、

★下車ポイント★ ワシントンスクエア(下車)へ。

*ワシントンスクエアは、ニューヨーク観光名所人気ランキングに堂々ランクイン!https://www.looktour.net/nyc/index.html


ソーホー(車窓)を通り、ダウンタウン・マンハッタンへと向かいます。


ダウンタウンエリアにて昼食
(昼食は基本的にホールフーズマーケット、又は、チェルシーマーケットにて各自お取りいただきます。)

※昼食とフェリー乗船の順序が当日のツアー進行・交通事情により入れ替わる場合がございます。

午後

サウスストリートシーポート・ピアより自由の女神が間近でご覧いただけるダウンタウン周遊フェリーに乗船します。

☆乗船ポイント&記念撮影ポイント☆
◎周遊フェリーでは、地上からは見れない大迫力のアングルでブルックリン橋の橋の下を見上げることができます。

ワン・ワールドトレードセンターを始め、ウォール街に建ち並ぶ超高層ビル群やエンパイアステートビルを見渡すことができます。

リバティー島の前で停船いたしますので、船上から自由の女神をしっかりご覧いただけます。

*船上だからこそ撮れる!たくさんの写真撮影ポイントがあるのでお見逃しなく。


午後は、9/11 メモリアルパーク・グラウンドゼロ を車窓からご覧頂き、マンハッタンを北上します。

ニューヨークに来たら一度は訪れたい話題のエリア ★下車ポイント★ ミートパッキングディストリクト

昔の高架鉄道が新しく公園として生まれ変わった話題の空中庭園ハイラインパークや、
グルメスポットとしても名高いチェルシーマーケットをたっぷり散策。

※チェルシーマーケット、ハイラインパークは自由解散となりますので、お買い物やお散歩を各自お楽しみいただきます。


*ハイラインパークは、ニューヨーク観光名所人気ランキングに堂々ランクイン!https://www.looktour.net/nyc/index.html


15:00-15:15

最終下車箇所 ★下車ポイント★ ロックフェラーセンターにてツアー終了となります。


ご希望の方は、セントラルパークを始めマンハッタンの景色が眺望できるトップ・オブ・ザ・ロックにご案内します。

観光中(午前)にガイドにお問い合わせください。※別途料金が掛かります。


●トップオブザロック展望台入場券付きのツアーなら、お得なこちらのツアーがおすすめ!
『ニューヨーク市内1日観光(自由の女神に大接近の周遊フェリー、トップオブザロック入場券付き)』(ツアーコード:1003)
http://www.looktour.net/tour/1003


●お時間に限りがある方には、半日午前観光がおすすめ!
『ニューヨーク半日午前市内観光 ~マンハッタンストーリー午前~』(ツアーコード:1001)
http://www.looktour.net/tour/1001


代金適用日 大人 子供 幼児 1人部屋
追加代金
3人目割引
ツアー基本料金 04/01/2018~03/31/2019 $79.00 $69.00 無料 - -

※3人目割引:大人3名で1部屋ご利用の際、3人目に適用されます。

※代金適用年齢(ご出発時の年齢が適用されます):大人=12才以上/子供=2~11才/幼児=0~1才

日本語による観光、車両料金、フェリー料金、税金、チップ

お食事

朝食 0

昼食 0

夜食 0

ツアー日の前日より起算してさかのぼってお一人様につき:3日前の17時以前は無料、2日前の17時までは50%、それ以後は100%の変更・取消料金がかかります。(標準:米国東部標準時間)

最小催行人数: 大人2名様

催行会社:JTB USA Inc.

※イベント等による規制や交通事情により、観光コースの変更、下車観光ができない場合があることをご了承ください。
※昼食箇所は、ホールフーズマーケット、又は、チェルシーマーケットにてにて各自お取りいただきます。(変更になる場合もございます。)
※天候、運休、その他諸事情により、周遊フェリーに乗船が困難な場合は、リバティー島行きフェリーに乗船します。リバティー島行きフェリーも乗船が困難な場合は、フェリーチケット代金をご返金いたします。
※冬季(1月~3月)の間、または諸事情により利用する周遊フェリー会社が変更になることがあります。
※周遊フェリーにご乗船の際は、お客様のみとなる場合があります。
※スーツケースなどの大きなお荷物をご持参でのご参加はご遠慮いただいております。
※積載スペースに限りがございますので、車イスやベビーカーなどをご持参されてのご参加をご希望の場合は、事前に必ずお問い合わせください。
※トップオブザロック展望台入場券付きのツアーもあります(ツアーコード:1003 毎日催行/大人$108~)
※午前中のみの市内観光ツアーもあります(ツアーコード:1001 毎日催行/大人$64~)
※集合ホテルのセキュリティー上の都合でホテルに入場できない場合は、54丁目側の出口専用ドア前(6番街&7番街の間)にご集合ください。※
※10名様以上でご参加の場合、キャンセルポリシーが異なります。